燕三条地域限定
フリーマガジン&
WEBマガジン
MENU
  • Twitter
  • Facebook
  1. トップ
  2. その他
  3. 12月号特集「暮らし上手の収納術」番外編
「365燕三条12月号」が今週からみなさんのお宅に届き始めます。
今回の特集は「暮らし上手の収納術」。
誌面ではお伝えしきれなかった番外編を、ウェブで公開させて頂きます。

12月号特集「暮らし上手の収納術」番外編

twitterでシェアする Facebookでシェアする
2018.11.19

神保さんの楽しくなるキッチン

三条市で料理研究家として活躍する神保さん。

北陸ガスの料理教室や、高校での食育授業、公民館での男の料理教室(男性限定にお料理を教える教室)など、和食、洋食の家庭料理を中心に、お菓子やパン作りも教えています。

そんな神保さんのご自宅のキッチンには、長年の愛用品がたくさんありました。新しいものを買うのは楽しいけれど、気に入ったものを大切に使い、ともに時間を過ごしていく方が愛着が湧きますよね。ここにあるアイテムたちはどれも幸せそうに見えました。

 

ブルーが鮮やかなエプロンは、ハワイのお友達にいただいた20年選手! このエプロンでずっと家族の食事を作り続けてきました。

こちらも結婚祝いに貰ったというフランス製のやかん。しっぽが注ぎ口でにゃんともかわいい。使い込まれてとてもいい味が出ています。

奥の炊飯器はガス釜。ガスで炊いたお米って本当に美味しいですよね。電子レンジは使わない主義だそうです。見習いたい…。

蓮沼さんの見せるリビング収納

続いては燕市で建築設計事務所を営む蓮沼さんご夫婦。

建築のお仕事はもちろん、吉田の商店街の空き家を再生するヨシダリノベーションプロジェクトを実施中。現在リノベーションしている場所は、来年の春カフェとしてオープンするそうです。

吉田の商店街に活気が戻る起爆剤になりそうなプロジェクト。人が集まるカフができることで、どんどん面白いお店が増えていきそうでわくわくします!

蓮沼さんのリビングは「見せる&隠す」技がぎっしり。おふたりの好きな「古い木材」で統一された長居したくなる場所でした。100均アイテムの使い方も真似したい!

オープン棚は飾りを並べるのではなく、日ごろ使っている食器や調味料など、実用的なものを置いています。お米も大きな瓶に入れかえるだけでおしゃれに。

隠す収納のひとつ、100均の可愛い紙袋から出てきたのは…乾物!  

取材時はハロウィンの時季だったため、かぼちゃのオブジェがお出迎えしてくれました。実はこれも100均のアイテムを、奥さんの彩さんが白くペイントしたもの。マットな白にするだけで、チープさが消え去っています。大きなリビングテーブルの横にはリサイクルショップで3,000円で購入したという、洋風な足がめずらしいちゃぶ台。モダンな室内にいくつも置かれた古材によって、インテリアの統一感が保たれています。こういう感性、真似したいですね。

横山さんのすっきりクローゼット&脱衣所

最後は整理収納アドバイザー1級の資格を持つ横山さん。収納上手になるには、まずはものを整理するところから。というアドバイス、参考になりました。

横山さんのクローゼットはとにかくすっきり! 使っていないものはひとつもなさそうで、何がどこにあるのか一目でわかります。ここでは2Fのクローゼットもご紹介します。

家を片付けることで心が晴れやかになっていったという横山さん。発達障害住環境サポーター、NLPプラクティショナーとしてのスキルと経験を生かし、燕市内でカンタン整理収納術のレッスンを開催中。燕三条の町をお片付けから応援しています。

毎日使うものを収納した1Fクローゼットとは違い、2Fはシーズンオフのもの、真冬にしか着ないコートなどをかけている。お客さん用の布団も収納。
上の紙袋には、今は使わないけれど保存しておいて、1年後に見直すものを。ラベルには「ティーカップ、お弁当箱、カーディガン」など何が入っているか忘れないよう書いておき、見直していらなかったから処分するそう。

旦那さん用の2Fクローゼット。バンドTシャツを集めるのが趣味なので、ここでの整理・収納はざっくり。

ハンガーでかかっている服は全部着るもの。その上の衣装ケースはたまに着るもの。一番上の衣装ケースは着ないけど捨てられないもの。よく泊まりにくる友人用の布団もここに。

続いて脱衣所の洗面台の下。書類立てを使って、マット、体重計などもすべて立てて収納。引き出しの中はタオル。タオルも必要なのはほんの数枚だそうです。最後にリビングの壁。こちらは横山さんが好きなリラックマと旦那さんが好きなパンクバンドのフライヤーが融合。お互いの個性を認めながら、みんなが心地よく暮らせることが一番大切なこと、と話していらっしゃる姿が印象的でした。

 

今回3軒のお宅を訪問して感じたのは、ずっとここでのんびりしたい~と訪問者を寛がせる雰囲気が流れていたこと。きちんと片付いている家、収納の達人の家はどこもそうなのでしょうか!?

やっぱり清潔な場所って気持ちがいいですよね。

みなさんも年末に向けて大掃除、がんばりましょう! 私も年末前にやります!

(らびこ)

twitterでシェアする Facebookでシェアする

まちレポ

トップに戻る