燕三条地域限定
フリーマガジン&
WEBマガジン
MENU
  • Twitter
  • Facebook
  1. トップ
  2. その他
  3. 燕市【下町ロケット】撮影現場レポ vol.2
左から朝倉あきさん、竹内涼真さん、尾上菊之助さん、イモトアヤコさん。

燕市【下町ロケット】撮影現場レポ vol.2

twitterでシェアする Facebookでシェアする
2018.10.22

10月19日、20日に敢行された「下町ロケット」の燕市ロケ第2弾。

本日は澄みわたる青空の下で行われた、演者の方々のインタビューを中心にお届けします。

 

(左から2番目)立花洋介役の竹内涼真さん

ー燕市の印象はいかがですか?

前回のロケで来た時もそうだったのですが、温かい人ばかりですね。燕市で作っているタンブラーもいただいて、自宅で使っています。これから何度も来る機会があると思うので、もっと新潟のことを知っていけたらなと思っています。

 

ー新シリーズがはじまった時の心境は?

3年前にワンクールでやらせていただいて、今回また再集結できたのはすごく嬉しいです。なかなか同じメンバーで続編ができるというのはない機会なので、自分が3年前と同じ役ができるのは気持ちも高まります。

 

ー今回はトラクターのトランスミッション開発を行っていますね。

新たな佃製作所の挑戦です。技術者が集まってこだわりも強いのでぶつかることもありますが、それがリアルな姿なのではないかと思います。朝倉さんとのペアも3年間やっていなかったとは思えないほど、3年前と変わらない感じです。

 

ー竹内さんにとって「下町ロケット」とは

前回は「仮面ライダー」が終わってすぐの出演で、阿部さんの台詞を目の前で聞いて「すごいところに来ちゃったな」と少しお客さん目線の部分もあったのですが、今は自分も引っ張っていかなきゃという気持ちもありますし、観てくださっている方のために毎話毎話面白くしていきたいなと思っています。

 

ー「下町ロケット」のみどころは

いろいろなことがある中でも「人のために」、本当にものづくりにこだわる中小企業の会社が泥臭く頑張る姿です。佃社長という素晴らしい人がいるからこそ周りの人がついていくので、佃社長の台詞を佃製作所の一員の気持ちで観て、また月曜日から頑張るぞ、と思っていただければ嬉しいです。

 

ー新潟のみなさんに一言

撮影にご協力してくださって本当に助かっています。新潟のみなさんに恩返しできるように、下町ロケットのチームで面白いものを作っていきますので、応援してください。よろしくお願いします。

 

加納アキ役の朝倉あきさん

ー燕市は2回目ということですが印象は

国上山と弥彦山の景色が遠くに見えて、こんな広々とした場所に自分がいると、心が洗われるような、山々に見守られているような気持ちになりました。今日の撮影で田んぼに入るシーンがあったのですが、小学生の時の体験学習で田んぼに入って以来でした。感触が意外と気持ちよかったです。

 

ー新シリーズが始まると聞いた時の印象は

すごくありがたかったです。3年前に出演させていただいた時にも、自分の中では感動に近いものを覚えていたので、そこから色々なことを学び、3年経ってまた再びここに戻ってこれたのは本当に嬉しいことでした。

竹内さんは、3年前も側で見ていて素晴らしい方だなと思いましたが、よりパワーを増していて、今一緒にやっていてすごく楽しいです。これからも面白いタッグが組めたらいいですね。

 

ー新潟のみなさんに一言

今回この場所に自分が来ることができて、これからスタジオに戻ってのお芝居にも、いいエネルギーをもらっているなと感じています。ぜひ、私たちが作っているこのドラマを観ていただければ嬉しいです。

 

伊丹大役の尾上菊之助さん

ー伊丹社長が燕にいるということで、物語の展開が気になります。

今回は「宇宙から大地へ!」ということで、農業の部分が非常に重要なキーワードになります。ギアゴーストの伊丹も今回燕市に来させていただきました。

新潟市の方には何度か行かせていただいているんですが、燕市がこんなに田園風景があって、畑の規模が大きくて、自然がたくさんあるところだと知らなかったので、自然の風景を満喫しています。

 

ー今回の出演が決まった心境は?

3年前は視聴者として観ていたドラマなので、出演できてとても嬉しいです。ギアゴーストなので、ギアのひとつとして番組を盛り上げていけたらと思います。

 

ー歌舞伎との違いや共通点はありますか?

歌舞伎とは全く違います。ご存知の通り、歌舞伎は舞台ですし、役を誇張した動きですとか、伝統の上で芝居をしますので、型を守らなければなりません。今回時代は現代ですし、カメラもありますし、声も音声さんが拾ってくださるので、自分ひとりだけ歌舞伎の演技にならないように、浮かないように頑張っています。

 

ー新潟のみなさんに一言

いつも応援ありがとうございます。これからどんどん物語が進んでいくにつれ、佃製作所とギアゴースト、佃さんと伊丹、島津の関係性を含め、物語が劇的に変化していきますのでぜひ注目してご覧ください。

 

 

 

みなさんのこの作品にかける想いが伝わってくるお話でした。

 

第3話の放送が今から楽しみです‼︎

 

(らびこ)

 

 

twitterでシェアする Facebookでシェアする

まちレポ

トップに戻る