燕三条地域限定
フリーマガジン&
WEBマガジン
MENU
  • Twitter
  • Facebook
  1. トップ
  2. くらし
  3. 【暮らし上手の収納術】蓮沼さんの見せるリビング収納 3/3

【暮らし上手の収納術】蓮沼さんの見せるリビング収納 3/3

 建築士の知大さんとタイルクラフトデザイナーの彩さんが子どもと暮らす事務所兼自宅は、リビングの壁一面の収納が印象的。「見せてかわいいもの、好きなものを前面に出しています。来客が多いので片付けざるを得ないんですよ」と笑う蓮沼さんご夫婦。ここは家族の食事はもちろん、ビジネスの打ち合わせもできる万能リビングです。

 建築士の知大さんとタイルクラフトデザイナーの彩さんが子どもと暮らす事務所兼自宅は、リビングの壁一面の収納が印象的。「見せてかわいいもの、好きなものを前面に出しています。来客が多いので片付けざるを得ないんですよ」と笑う蓮沼さんご夫婦。ここは家族の食事はもちろん、ビジネスの打ち合わせもできる万能リビングです。

twitterでシェアする Facebookでシェアする
2018.11.23

Rules 3 安くてもかわいく

100円ショップを上手に使う

飴やスパイスを入れたガラスケース。すべてを同じものでそろえるのではなく、いろいろなデザインをいくつか組み合わせることで“こなれ感”が生まれます。

保冷バッグ

さらっと置かれた紙袋は本来保冷バッグとして使用するもの。中からはモチが登場し、これには知大さんもびっくり。

整理ボックス

通常は書類やアルバムなどを入れる整理ボックス。蓮沼家では子どものお菓子や生活感のある食品を入れています。

文房具ケース

古材と風合いの似た箱は家族みんなが使う文房具ケースに。大人用のペンと子どものクーピーを布のケースで分別しています。

  3

twitterでシェアする Facebookでシェアする

暮らし上手の収納術

トップに戻る